月別アーカイブ: 2013年9月

介護職員初任者研修の誕生

ホームヘルパーという呼び名は、介護福祉士や社会福祉士のような資格名を指すものではありません。この呼名が使われ始めたのは、恐らく、1990年の高齢者保健福祉推進10ヵ年戦略だと思われます。それまでホームヘルパーという言葉を使う人は誰もおらず、ホームヘルパーのような仕事をする人を「家庭奉仕員」などと呼んでいたのです。その後、徐々にではありますが、日本社会における高齢化の問題が顕在化してくると、高齢者の在宅介護をする人のニーズが高まり「ホームヘルパー」という言葉が登場したのです。

ホームヘルパーという言葉は日本社会に広く浸透したとはいえ、ホームヘルパーになるための資格など当時存在しませんでした。呼び名が変わっただけで、家庭奉仕員と特に大きな違いがなかったというのが正しい見解だと言えるでしょう。そこで厚労省が、1991年にホームヘルパー養成研修のカリキュラムを作成しました。3級・2級・1級と区分し、さらにその上位資格として継続研修というものを設けました。それぞれの研修課程を修了すると、晴れてホームヘルパー1級・ホームヘルパー2級・ホームヘルパー3級として認定されることになったのです。

1つ気をつけなければならないことは、ホームヘルパーの資格は国家資格ではありませんので、特に無資格で働いていも法律で罰せられることはありません。じゃあ何のためにあるの?という声が聞こえてきそうですね。意味としては、介護事業者がヘルパーを雇う際に、そのスキルや知識を量るためのもの、というの1番ではないでしょうか。

特に入浴等の身体介護を受ける際は、一歩間違えれば大きな事故に繋がることも考えられます。そこに全くの素人が来たら介護利用者やその家族はどのように思うでしょうか。不安ですよね。そんな時に、そのスキルを証明できるようなものがあれば、信頼関係を築くことに繋がります。

先にも述べた通り、ホームヘルパーの資格は、国家資格ではありませんが、介護保険においては、保険給付内のサービスを利用者に提供する場合は3級以上の資格取得が義務付けられています。現在では、介護保険制度適用を前提としておりますから、資格を持っていない人を雇うことはほとんどありません。これから介護の仕事に従事したいと考えるならば、最低2級以上は取得しておくことをおすすめします。

また、ここまでお話してなんですが、現在ではホームヘルパー3級・2級は廃止され、介護職員初任者研修に名称変更となっています。またホームヘルパー1級・継続研修も廃止され、介護職員初任者実務者研修と名称変更となっています。

 

ホームヘルパーの研修課程について

◯級ヘルパーのそれぞれの特徴、皆さんはご存知ですか?ホームヘルパー3級・ホームヘルパー2級・ホームヘルパー1級について詳しく解説していきたいと思います。まずは、ホームヘルパー3級について。3級の講義は、社会福祉やホームヘルパーサービスについての基礎知識などがほとんどを占め、実技講習も入門的な初級者向けの技術修得がメインです。25時間の講義と合わせて、実技講習17時間、実習8時間で、計50時間の研修を受講します。2級へのステップアップを目指した研修課程であり、介護職員初任者研修課程を修了すると、26時間分の研修免除という嬉しい特典があります。

次のホームヘルパー2級です。実務に向けたリアルな介護現場を想定して、実際のサービス提供を学ぶための研修内容となります。この課程を修了した時点で、現場に立たせるという介護事業者も多いです。研修時間は合計130時間。3級の3倍近くになります

ホームヘルパー3級と比べて大きな違いは、本格的な実技や実習が組み込まれていることです。介護実習を2日間でしっかりとマスターした後、ホームヘルパーの現場に同行。実際の仕事内容を経験しながら、実践的な介護スキルを身につけていきます。講習は2級から受けることも可能なので、多くの人は2級から受験します。

また、現在ではホームヘルパー2級も3級も廃止されており、介護職員初任者研修課程として統一されています。より介護のスキルアップの道筋が分かりやくなったといえるでしょう。

最後にホームヘルパー1級。こちらも現在では廃止されており、変わって介護職員実務者研修となっています。内容は、スキルや介護の知識を単純に身につけるだけでなく、具体的な、例えば、チームケアでは他の職員とどのように連携を取っていけばいいのか、マネジメントのスキルを身につけるため勉強していきます。主任ホームヘルパークラスの人材が修得しておくべき内容となっています。

調剤薬局事務、採用先から要求されるものは?

再び、調剤薬局事務の求人に目を通しました。いずれ、私もこうした求人を見て、エントリーするかもしれない。書類審査に通ったら、履歴書を持って薬局なり医療機関なりに面接に行き、合格したら、そこに職業人の仲間として加わるかもしれない。

そう考えていくと、ワクワクドキドキ。好奇心から眺めはじめた求人広告にも、次第に真剣な気持ちになっていくのがわかります。まだ、何も始めていないのにね。資格や経験はこれから磨いていくものだけど、ある文言に目が止まりました。それは、ほとんどの募集要項に記載されていましたから、おそらく、調剤薬局事務を募集する際の要件なのだと思います。

その要件とは、「PC入力がスムーズにできる方」「笑顔とマナーを兼ね備えた接遇ができる方」「明朗、かつ、仕事に意欲をもって取り組める方」というもの。調剤薬局事務の求人には、たいていこれが記載されていました。まあ、社会人としては当たり前かとも思いましたが、薬局内のチームワーク上、重要な立ち位置といえる仕事ですから、重視されるのは当たり前かもしれません。

「PC入力がスムーズにできる方」

…これは、大丈夫かな。

「笑顔とマナーを兼ね備えた接遇ができる方」
「明朗、かつ、仕事に意欲をもって取り組める方」

…笑顔、明朗は、性格上、自信あり。体力も運動部で鍛えたし。

笑顔が大切なのは、子ども時代に病院通いをした経験上、よーくわかります。同じくらい大切なのは、気配りや声掛けなど、病の渦中にいる患者さんを少しでも癒してさしあげる言葉ではないでしょうか。

薬局にみえた患者さんに「おはようございます」「こんにちは」「お大事に」などのあいさつは、常識中の常識。でも、「お体の具合はいかがですか?」「快方に向かわれて、よかったですね」などは、ふだんからの患者さんとのコミュニケーションなくしては発することができない言葉。付け焼刃じゃ難しいし、キャリアを積むことによって培われるものといえます。

マイペースで働くホームヘルパーがいてもいいじゃない!

ホームヘルパーは体力を消耗する仕事ですから、自分の身体を壊してしまうんじゃないか、と心配や不安を抱えながら働いている人が数多くいます。介護職員初任者研修課程を修了して、ホームヘルパーとして、介護事業所に配置されると、先輩ヘルパーや利用者の家族から大きなプレッシャーを掛けられ、否応無しにも「成長しなきゃ!」という気持ちに駆られるものです。

しかしながら、例えば、「高齢者の介護も大切。社会の一員として役には立ちたいけれど、自分の時間は犠牲にしたくない。自分がやれる範囲で介護をしていきたい」という考えがあってもいいと思うのです。

例えば、訪問先を1件に絞り、自分のペースで働きやすい環境を整えます。相手のニーズや事業所の考えももちろんありますが、1週間に2~3回程度の訪問で、勤務時間も1週間9時間以内に収まるように調整をしていきます。こうすることで、若い人達もヘルパー登録をする人が増え、ボランティアのような感覚で、細いスポットでも働ける職場ができるのです。

最近の世の中の風潮として、ゆとり、という言葉に対して、否定的な内容が多いですが(テレビ等を見ていると建前として擁護するような発言もありますが、実際はどうではないからブラック企業という言葉が流行しているのでは?)、ゆとりを持って働くということは、いい加減な気持ちで働くというのとは全く持って意味が違います。

介護業界でゆとりがある働き方を社会的に認知して貰うためには、

1,介護職員初任者研修課程を修了して介護ヘルパーとしての最低限のスキルと知識を身につける

2,あらかじめ決めたスケジュールは、余程のことが無い限り順守する

という2点は必ず守りたいものです。自分達だけの主張を通そうとしては絶対にだめです。お互いに共存していく姿勢こそが大切です。例え介護事業者や先輩ヘルパー等に理解して貰えなくても、相手を分かってあげようという気持ちを持ちましょう。マイペースだからこそ、自己管理も大切になってくるのです。

日本労働研究機構の調査によれば、ホームヘルパーに関する就業情報を手に入れる手段として1番多いのが、「自治体広報」から情報を得ることで、次に多いのが、知人の紹介となっています。特に主婦層が就労するケースが多いホームヘルパーは、地域におけるネットワークが幅広く、初めての人でも仲間に誘われて介護職員初任者研修を受けたという人も少なくありません。主婦の口コミ恐るべし、という結果になっています。

調剤薬局事務資格を取得する際の心がけって?

調剤薬局事務の仕事を探すとき、需求は、どのくらいあるのでしょうか。求人サイトをのぞいてみました。お給料が多いとは言えないのはわかっていましたが、都心のビルに入る調剤薬局のお給料が18万円。30万円以上と記載されている薬剤師と比較すると、約半額でした。でも、あちらは専門職。業務の内容や立場から見たら、仕方ないことですね。正社員の場合、社会保険完備、ボーナスも年2回あるのなら、景気に左右される他の業界よりは、安定しているのではないでしょうか。

勤務時間は、当然ながら、薬剤師とほぼ同じ。8時から20時の間で3交代というかたちが多いようです。職務上、一歩、勤務に入ると、ほとんど外出できないし、残業も少なからずあり、拘束時間は長いようです。休日は、日曜と木曜が休日というところもありましたが、週休2日というところはほぼなく、土曜は、午前中の勤務が義務付けられているところが少なくありません。医療にかかわる職場では珍しくないことですから、納得はいきます。

意外に思ったのは、「未経験者OK」と募集しているケースが少なくないこと。もちろん、それは、先輩によるOJT(企業内訓練、on-the-job training)がある場合に限られるようです。とはいえ、せっかく仕事につけても、知識や経験もなしでは、苦労するのが目に見えているなら、私としては、いやだなあ。

調剤薬局事務 資格は、公的な資格とはいえなくても、学習を積み、ある程度の知識を携えてから、就職したいと考えています。勤務時間が、午前か午後の4時間のみ、というパートの求人も目立っていました。東京23区内では、時給は900円~1000円前後となっていました。

20代できちんと経験を積み、結婚しても仕事を続け、赤ちゃんができたら、パートで働いて育児と両立させるのもいいかな。どちらにしても、院外処方が圧倒的となってきた現在、調剤薬局は、増加の一途だそう。経験を積んで、早く一定レベル以上の仕事がこなせるようになりたいな。

調剤薬局事務は公的な資格?

調剤薬局事務は、公的な資格ではありません。民間資格ですが、一例として、日本医療教育財団による「調剤報酬請求事務技能認定証」が、調剤薬局事務の基本的な知識をマスターしたことの証明とされています。

認定証を発行してもらうには、スクールで学ぶのが早道だそう。スクールは、大手の医療事務系アウトソーシング会社の大手から、資格取得を専門とするところ、通信教育専門のところ、医療事務系の団体が主催するところが見つかりました。

早速、資料請求。スクールによってさまざまなコースがあり、受講料も2万円から8万円ちかいものもあって、しっかり内容を読まないと混乱しそうです。前出のアウトソーシング会社を例にとると、通学をはじめ、電話・メール・FAX・手紙を利用する通信教育、通学と通信教育を組み合わせたタイプがありました。

学習期間は、2ヵ月~4カ月コースと幅があります。学費は、通信教育が3万円強。通学では、4万円強。他のスクールでは、調剤薬局事務でも、コンピュータコースなる講座を設けているところが。基礎とともに、調剤薬局の現場使われているソフトを使用して、コンピュータ応用力と実務の即戦力をつけるのが特徴とのこと。受講費は8万円弱と、高めでした。

コンピュータコース受講の前に、基礎コースを修了していることが望ましいそうで、基礎コースの受講料は4万5千円でした。同じスクールに、2万8千円とい最も安価な通信講座もありました。医療・福祉を中心とした事務・技能職の技能認定試験を主催する技能認定振興協会(JSMA)の「調剤事務管理士認定試験」に合格すると、「調剤事務管理士」の資格を手にすることができます。

私のような学生や、働きながら学ぶひとも少なくないようで、通学コースの時間割は全日(週2回/0.5か月)、短期(週3回/0.3カ月)、夜間(週2回/1カ月)、週末だけのものから選択できます。講座の内容や費用もさまざまです。まだ右も左もわからないとはいえ、スクールに質問して、じょじょに絞り込んでいく予定。就活をスタートさせる直前までには、終了証を手にするなり、資格試験に合格するなりはしておきたいと考えています。

ホームヘルパー事業の立ちあげについて

介護保険をきっかけに、市民が自らホームヘルパーの事業所を創設するというケースも増えてきました。よくあるケースでは、過疎化の進む地域などで、自治体の介護サービス計画が遅れていたり、民間事業者が少なかったりする場合に、市民自らが立ち上がり、介護事業を立ち上げます。

一例として、まずは、ボランティアによる市民互助型団体を設立し、サービスが行き届かない部分を補っていくというやり方です。また民間事業者の参入を促したいのであれば、例え小さな規模でも、株式会社を設立して、徐々に市場を作っていくというやり方も考えられます。

法人を設立する際は、様々な難関があるでしょうから、かなりのパワーとエネルギーを費やすことを覚悟しなければなりません。このような手間が掛かる部分をショートカットしたいのであれば、民間事業者が募集している介護サービスのフランチャイズを利用するのも1つだと思います。もし周りに賛同する仲間がいるのであれば、最初は少数からでも構いませんので、いろいろなやり方について話し合ってみるのも良いのではないでしょうか。

実際に、町役場のホームヘルパーとして働いていたある女性が、定年後にも関わらず、サービス基盤整備の遅れを気にかけていました。人口密度の低い町で、民間事業者の参入が少ない点についても、懸念されていたそうです。

そこで公務員時代のネットワークをフル活用して、地域の介護職員初任者研修を修了したホームヘルパーを集め、何とかしたいと相談をしました。それであれば私達で立ち上げよう!と仲間の1人が勇気を振り絞って言いました。それに皆が賛同する形で、ヘルパー派遣が難しくなりそうな地域を対象として、ホームヘルプ事業を立ちあげたのです。

皆、介護職員初任者犬研修を修了したベテランだったことも心強かったとのこと。その後、民間事業者の参入も促したいとの思いで、採算を度外視して、株式会社を設立しました。一度始めてしまった以上、もう後には引けません。苦しいことや辛いこともたくさんあるそうですが、皆で力を合わせ、頑張っているそうです。

今回のケースでは、国民生活金融公庫の創業支援融資を受ける形で事業がスタートしたうようですが、それが難しければ、ホームヘルプ事業のように社会貢献性が強い業種に対してサポートをしてくれる市民バンクを活用するのも手です。とにかく出来ない理由を探すのではなく、どうやったら出来るかを本気で考えていくことが大切なのです。

介護職員初任者の悩みと不安

日本労働研究機関が実施した「ホームヘルパー就業意識調査」によると、現在働いている介護職員初任者の約9割が、何かしらの業務上の悩みや不安を抱えていることが明らかになりました。特に、経験豊富なベテランヘルパーほど、その割合は増えてくることが分かっています。

さらに詳しく見ていきましょう。どんなことにヘルパーは不安や悩みを抱えているのでしょうか。1番多かったのが「ホームヘルパーに対する社会的評価が低い」というもの。約7割のヘルパが回答しています。次に多かったのが、「腰痛を含めた体力や健康面に不安がある」「精神的にも肉体的にも疲労がたまる」など、ヘルパー自身の健康状態について不安をあげています。

最も回答が多かった、社会的評価が低い点については、介護職員初任者が高齢者や障害者の自立支援に携わる役割を担っているにも関わらず、単なるお手伝いさんとして扱われることが多いことをあげています。これらのイメージを払拭するためには、仕事の理解を深めるための広報活動が欠かせないといえるでしょう。

高齢社会に突入した日本において、介護職員初任者研修を課程を受講して、ホームヘルパーを目指す人が増えてくると思われます。自らを勉強をする傍らで、その仕事の本質的な内容をより多くの人に伝えていくことが求められるといえるでしょう。

また、健康面での不安を解消していくためには、労働負荷の軽減について、介護事業者をはじめ、自治体や国も真剣に考えていく必要があると思われます。単純に1人あたりの訪問件数を減らすのではなく、それ以上にしっかりとした指示書を作成し、仕事の範囲を明確化したり、移動時間の短縮を図るための、車利用の拡大も視野に入れていかなければなりません。

介護利用者のサービス活用に影響を及ぼしてしまっっては本末転倒ではありますが、影響が無い程度に効率化を図ることが求められています。今後、介護職員初任者の状況が今よりも良いものとなるために、個々のサービス提供機関が考慮していくことが重要なのです。

21世紀のヘルパー業務

最近、一部の介護事業者では、介護職員初任者に小型端末(i-pad等)を形態させる場面を頻繁に見かけるようになりました。端末にその日のサービス内容や日報などを入力することで、訪問先から事業者のパソコンにデータが送信され、個々のヘルパーの動きを管理することが可能です。

さらに、現場で問題点や疑問点などが出た時に、利用者の状態を入力すれば、サーバーから自動的にどのような対処をすればいいかが、指示を得ることもできます。日々のスケジュール管理や端末からサーバーにアクセスすればOKというシステムも兼ね備えています。このような端末を持っていれば、いちいち事務所に問い合わせる必要もありませんし、現場の業務に専念することができますから、介護職員初任者がヘルパー業務に集中できさらなる効率化が図れるでしょう。

このようなIT技術の進化によって、在宅介護サービスの仕事は少しずつ変わりつつあります。ヘルパーが携帯する端末以外にも、例えば一人暮らしの高齢者宅に設置する緊急警報装置なども、便利な機能が加わりました。従来までは、本人がボタンを押すなどしなければ機能しませんでしたが、最近では、冷蔵庫や洗濯機などにセンサーを取り付けて、その開閉回数が極端に少なくなると、自動的に警備会社やヘルパーステーションへと通報され、すぐに担当の訪問看護師や看護師が駆けつけられる仕組みになったのです。

また、高齢者の運動量などをセンサーで測ることで、早期に異常を発見できるようなシステムも開発されました。介護保険では、このような緊急通報装置のレンタルなども給付対象にしている自治体もかなりの数にのぼっており、普及率はかなりの数まで上昇してきました。

しかしながら、このようなIT技術の発達により、ハイテク化してきた介護業務ですが、これはあくまで補佐的な道具です。介護職員初任者にとって大切な事は人対人のコミュニケーション部分であり、利用者が何を考え、どうしたいのかを、表情や会話等からしっかりと汲み取り対応していくことが大切だと言えるでしょう。